Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabitabi77.blog.fc2.com/tb.php/37-9dc79755

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【ラオス】ルアンパバーンでの一日


DSC_0350_201703271010020fd.jpg


ラオスの世界遺産の街であるルアンパバーンの一日は、僧侶たちへの托鉢から始まります。

托鉢はラオス全土で行われていますが、世界遺産となり海外からの観光客が多いルアンパバーンでは朝6時からと少し遅めのスタート。

ルアンパバーンの托鉢は観光の目玉の一つにもなっているので、少し融通を利かせてくれているのですね。

とはいえ、市民が仏教への帰依を示す神聖な行事、マナーを守って見学させてもらいましょう。

DSC_0345_201703271030188e6.jpg

DSC_0343_2017032710301346a.jpg

DSC_0332_201703271030152b2.jpg

DSC_0335_201703271030114f0.jpg

DSC_0353_201703271030181b7.jpg

DSC_0333_20170327103006d62.jpg


明らかに僧侶じゃないのも混じっていましたが、かなり見応えがありました。

地元の人々の真剣な眼差しには心を打たれます。

托鉢見学終了後はルアンパバーンの朝市を覗きに行きます。

ルアンパバーンの朝市は全く観光客向けではないので買う物はありませんが、たくさんの野菜や鶏、メコン川で捕れた魚が売られています。

DSC_0283_20170327103017c7e.jpg

DSC_0276_201703271030073d4.jpg

DSC_0278_20170327102959b8b.jpg


私のルアンパバーンでの一日はこれでほとんど終わりです。

毎回訪れるたびに何しに来たのか分からなくなるほどヒマになってしまうのですが、なんとなくリピートしてしまう街です。

昼から夕方にかけてはビール片手にメコン川周辺をブラブラしたり、サウナに出かけたりと小さな世界遺産の街をのんびり歩いているだけです。

何年経っても全く変わらない光景に心が癒されますね。

DSC_0266_2017032710300709c.jpg

DSC_0321_20170327103004f48.jpg


夜にはシーサワンウォン通りに露店が並ぶナイトマーケットに出かけます。

出店しているのはモン族の人が多く、けっこう可愛い雑貨もたくさん売られていました。

チェンマイのナイトバザールのような派手さはありませんが、お店の人と会話しながらする買い物がとても楽しかったです。

DSC_0371_20170327103018854.jpg

DSC_0362_20170327103015a2b.jpg


旅をしたエリアラオス北部 ルアンパバーン
アクセスバス;ヴィエンチャンの北方面バスターミナルから10~11時間。バンビエンから約7時間。車両の故障などで大幅に遅れる可能性あり。(【ラオス】ラオスの小学校※参考記事)
スローボート;ファイサイから2日(※ルアンパバン⇒ファイサイの場合3日)
スピードボート;ファイサイから約6時間(※ルアンパバン⇒ファイサイの約8時間)
治安良好。
主な見どころ托鉢;毎朝5:30~6:30頃。街全体で見られる。
ナイトマーケット;毎日17:00~22:00頃。シーサワンウォン通り。
プーシー;6:00~18:00。ルアンプラバーン国立博物館の向い。
etc
一日の費用の目安15~20$ほど。10$あればホッとシャワー付きの満足できる宿に泊まれました。
個人的な感想観光だけなら1~2泊で十分。物価が安く治安も良いので沈没には最適。清潔な宿が多く、街中のカフェでフリーWi-Fiも利用可能。ルアンパバーンから中国の景江まで乗り換えなしの国際バスが出ているので、ヴィエンチャンからルアンパバーン経由で中国に向かうと便利。またファイサイからタイへの入国も可能なので、ヴィエンチャン⇒ルアンパバーン⇒ファイサイ⇒チェンコーン(タイ)のようなルートでも旅ができる。



↓ルアンパバーンのホテルをチェック↓
45ff269ebdbf7d7b38cbb2900bf24cec_s_20170328183331d79.jpg



ラオス観光公式ガイド [ 藤田昭雄 ]
保存版 バックパッカーズ読本【電子書籍】[ 旅行情報研究会 ]
アジア罰当たり旅行【電子書籍】[ 丸山ゴンザレス ]
海外アングラ旅行【電子書籍】[ 藤山六輝 ]




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
ラオス ルアンパバーン モンク 托鉢
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tabitabi77.blog.fc2.com/tb.php/37-9dc79755

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

AD



検索フォーム

プロフィール

ココハナ

Author:ココハナ
これまでの旅の記録をボチボチ書いていこうと思います。

新着記事
【ベトナム】ベトナムのディズニーランド?!ダムセンパークはインパクトが凄い! 2017/10/21
【フランス】演劇祭直前のアヴィニョン 2017/04/05
【国境越え】定番!バンコクからアンコールワットへの道のり! 2017/04/02
【中国】束河古鎮で散歩 2017/04/02
【中国】麗江古城で食べ歩き 2017/03/29
【ラオス】ルアンパバーンでの一日 2017/03/26
【タイ】カオサンロードのパッタイ 2017/02/19
【タイ】Mr.ワッタナーの10バーツラーメン 2017/02/19
【タイ】タイ風たこ?焼き 2017/02/18
【タイ】ガパオライスにハマってます 2017/02/16

旅のお供

リンク集

訪問者数

AD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。