Entries

【ベトナム】ツッコミどころ満載のダムセンパーク

ベトナムのディズニーランドと称され、ホーチミン市民からも愛されているテーマパーク、ダムセンパークに行って来ました。なんと言ってもベトナム随一のテーマパークです、行く前からワクワクが止まりません。ダムセンパークへはベンタイン市場から11番のバスに乗り約20分、終点なので迷うことなく辿り着くことができます。入場料9万ドンを支払い早速中に入ると、猿山からたくさんの猿が出迎えてくれました。かなり様子がおかしい...

【中国】麗江古城で食べ歩き

長距離バスで、昆明から約10時間、大理から約3時間半、香格里拉から約4時間、中国雲南省の北西部にある都市麗江に到着です。バスターミナルは麗江バスターミナル・麗江高速バスターミナル・麗江旅游バスターミナルがありますが、発着便数は麗江バスターミナルが最も多いです。麗江バスターミナルからは徒歩で古城エリアへ。古城エリアの道は石畳、エリア内にはたくさんの水路もあり、水路にはこれまたたくさんの橋が架かってい...

【中国】束河古鎮で散歩

麗江古城エリアのガヤガヤした感じも嫌いではありませんが、せっかくなので雲南省の昔ながらの村の雰囲気をしっかりと味わいたい。ということで、麗江の北西約4kmの場所にある束河古鎮に行きました。(入場料50元、入場の際に麗江古城維持費の領収書の提示を求められます。)束河古鎮へは農場市場から乗り合いタクシーが出ています。料金は一人2元、所要時間は約7分。束河古鎮はナシ族の古い村で、古城エリア同様、道は石畳で...

【ラオス】ルアンパバーンでの一日

ヴィエンチャンの北方面バスターミナルから10~11時間で、ラオスの世界遺産である古都ルアンパバーンに到着です。ルアンパバーンの一日は、僧侶たちへの托鉢から始まります。托鉢はラオス全土で行われていますが、世界遺産となり海外からの観光客が多いルアンパバーンでは朝6時からと少し遅めのスタート。ルアンパバーンの托鉢は観光の目玉の一つにもなっているので、少し融通を利かせてくれているのですね。とはいえ、市民が...

【タイ】カオサンロードのパッタイ

タイの定番B級グルメのひとつであるパッタイ。安くて、旨くて、手軽に食べられる、とてもありがたい料理です。僕はパッタイをレストランで食べることはなく、いつもカオサンロードで営業しているチェンマイ出身のおばちゃんの屋台で買って食べていました。おばちゃんの屋台はカオサンロードのバイヨンセンター前辺りで昼までしか営業をしておらず、10バーツラーメンだけではちょっと物足りない時や昼食までの小腹が空いた時など...

【タイ】Mr.ワッタナーの10バーツラーメン

Mr.ワッタナーの10バーツラーメン。カオサンロードの隣のランブトリロードからちょろっと脇に入った小さなお店で、寡黙なおっちゃんが作る絶品ラーメンです。バンコクのカオサンロード周辺に滞在したことがある多くの日本人がお世話になったのではないでしょうか。例にもれず僕もめちゃくちゃお世話になった中の一人で、10代のお金のない頃は毎朝のように10バーツラーメンに通っていました。人気絶頂の頃には昼前に売り切れ...

【タイ】タイ風たこ?焼き

2000年頃、バンコクのウィークエンドマーケットの屋台で日本のたこ焼きのようなものを発見しました。ヴィジュアル的には完璧でどこからどう見ても日本のたこ焼きです。まさかタイで日本のたこ焼きに出会えるとは思わず、迷うことなく買ってしまいました。久しぶりに日本の伝統の味を食べられるとテンションが上がっていたのですが、一口食べてみると…。う~ん、何か甘い…。ヴィジュアルがパーフェクトなだけに、かなりショッキング...

【タイ】ガパオライスにハマってます

僕が1番好きなタイ料理はガパオライスです。タイに着くと一番最初に食べに行きます。2004年頃にチェンマイにあるセンタープレイスゲストハウスの隣の小さな食堂で食べて以来、すっかりその刺激的な辛さとガパオ(タイバジル)の香りにハマってしまいました。その食堂では当時20バーツでガパオライスを食べることができましたが、物価が安いタイとは言えなかなかの安さですよね。当時から今にも潰れそうなプレハブでできた食堂だっ...

【ベトナム】古都フエでの絶品料理

ベトナムは東南アジアの中でも料理が美味しいことで有名です。レストランはもちろん、小さな食堂や屋台など、確かにどこで食べても美味しい料理が食べられましたね。特にベトナム中部の古都フエで食べた料理はハズレが少なかったように思います。ベトナムのあちこちでいろんなバゲットを食べましたが、フエのエッグバゲットがだんとつNo.1でした!バゲットから溢れ出しそうな山盛りのスクランブルエッグが最高でしたね( *´艸`)フ...

【中国】玉龍雪山風景名勝区への道のり

中国雲南省・麗江の北約15kmの場所にある玉龍雪山に登りました。ゲストハウスのオヤジに行き方など詳細を尋ねると、「標高4500mまでロープウェイで登って、4650mまで登山道を登るだけ」と、おおざっぱに教えてくれました。格好も軽装で問題ないとのことだったので、スウェットとスニーカーという舐めた服装でいざ玉龍雪山へ!まず、麗江から7路バスに乗り(約40分15元)、ビジターセンターのある甘海子に到着です...

Appendix

AD



検索フォーム

プロフィール

ココハナ

Author:ココハナ
これまでの旅の記録をボチボチ書いていこうと思います。

新着記事
【ベトナム】ツッコミどころ満載のダムセンパーク 2018/02/16
【国境越え】バンコクからアンコールワットへの道のり 2018/02/14
【中国】麗江古城で食べ歩き 2018/02/13
【中国】束河古鎮で散歩 2018/02/13
【ラオス】ルアンパバーンでの一日 2018/01/26
【タイ】カオサンロードのパッタイ 2018/01/19
【タイ】Mr.ワッタナーの10バーツラーメン 2018/01/19
【タイ】タイ風たこ?焼き 2018/01/18
【タイ】ガパオライスにハマってます 2018/01/16
【ベトナム】古都フエでの絶品料理 2018/01/16

旅のお供

リンク集

訪問者数

AD